ニュース

苦戦が続く中日の二軍投手陣

無断転載禁止
中日の山井大介(左)、鈴木翔太(右)
「内容が伴っていないんです。良かったら一軍に呼んでいます」。

 13日のヤクルト戦を前に、山井、鈴木、福谷らが昇格していない理由について問われ、中日の友利結コーチが返した言葉だ。

 友利コーチが話すように、山井大介、鈴木翔太、福谷浩司らは二軍で苦戦している。特に開幕先発ローテーション入りが期待された山井は、先発した13日のオリックスとの二軍戦で1回5失点と炎上。3月30日に行われた楽天との二軍戦でも2回6失点と、大量失点するケースが目立つ。ここまで二軍戦は、3試合に登板して、0勝2敗、防御率は24.00と結果を残せていない。

 オープン戦で好投した鈴木翔太も、3月29日の楽天との二軍戦で3回4失点するなど、2試合に登板して防御率6.00。福谷浩司も4日の広島との二軍戦で、美間優規にサヨナラ本塁打を浴びるなど、早くも2敗している。

 また開幕前に先発ローテ入りが期待された小熊凌祐も、13日のオリックスとの二軍戦で2回を投げ5失点するなど、二軍戦の今季防御率は11.57。さらに伊藤準規も防御率4.50、野村亮介も防御率8.22と、二軍のチーム防御率はリーグワーストの4.56に沈む。

 そんな中で、阿知羅拓馬、金子丈、ロンドン、アラウホは安定した投球をみせる投手もいる。さらに、昨オフに左肘遊離軟骨除去手術を受けた2年目の小笠原慎之介が、二軍戦で実戦復帰した。

 一、二軍ともに投手の台所事情が苦しい。友利投手コーチは、どのようにやり繰りしていくのか注目だ。

【主な二軍投手陣の成績】
山井大介
3試 0勝2敗 防24.00

鈴木翔太
2試 0勝1敗 防6.00

福谷浩司
9試 0勝2敗1S 防4.50

小熊凌祐
3試 0勝0敗 防11.57

小笠原慎之介
2試 0勝0敗 防1.35

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM