ニュース

御堂筋でパレードをやりたい! 阪神・糸井嘉男外野手(35歳) スポーツ人間模様

無断転載禁止
7回阪神2死一、二塁、右越えに3ランを放ち天を指さす糸井=2017年4月5日 京セラドーム 写真提供:共同通信社
阪神というブランドのプレッシャーは、味わった人でしかわからない。今季、それを最も感じているのは、間違いなく糸井でしょう。

「阪神に来て、いきなりケガ。さらし者になるかと思った」

と真顔で話します。移籍組の先輩で、4番の福留は、自身が移籍1年目に、成績不振で猛烈なバッシングを受けたことなど、さまざまなアドバイスをしているのだとか。

2016年のFA移籍組で、開幕から戦力として活躍しているのは、セでは糸井。パは楽天の岸の2人でした。しかし、岸は腰痛で23日の登板を回避。結局、残ったのは糸井1人です。シーズンは、長いとはいえ、あまりにお粗末。巨人は同一年でFA選手を3人獲得したものの、森福が2軍降格で誰も1軍ではプレーしていません。

糸井は開幕から20試合に出場。打率2割8分8厘、本塁打3本、14打点とまずまずの成績ですが、特筆すべきは得点圏打率です。4割1分2厘は際立つ数字でしょう。とにかく勝負強い。

糸井は、見かけとは対照的で、とても礼儀正しく、腰が低い。FAで移籍をした後、まず行ったのが古巣オリックスへの礼節。フロントへ出向き、全員に「セ・リーグで新しいチャレンジをしたい」と、自らの気持ちを伝えました。加えて、ファン感謝デー、納会へも出席。感謝の気持ちを表した。なかなかできるものではありません。通常、移籍すれば、ファンから裏切り者扱いされるのが、関西では当たり前ですが、オリックスとのオープン戦では、両チームのファンが一体になって糸井コールが巻き起こっています。

「(御堂筋の)パレードをやりたいです。ビールかけも」

という糸井。ただし、大ファンを公言していた、女子フィギュアスケート・浅田真央の引退には、

「何で引退なんや。ずっと応援していたのにね。ショックで、どうしていいかわからない。真相を教えてほしい」

いまだに気持ちの整理ができない様子です。

4月27日(木) 高嶋ひでたけのあさラジ!「スポーツ人間模様」


聴き逃してしまったあなたは、下のバナーをクリックしてradikoのタイムフリーで聴いていただくことができます。

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM