ニュース 2017.04.29. 21:40

江本氏、最下位・ヤクルトの勝利に「足がかりになる」

無断転載禁止
7回、2ランを放ちバレンティン(左)とタッチを交わすヤクルト・雄平=神宮(C)KYODO NEWS IMAGES
○ ヤクルト 2 - 1 巨人 ●
<4回戦 神宮>

 ヤクルトが2-1で勝利し、巨人戦今季初勝利を挙げた。

 前回登板の広島戦で完封勝利を挙げたヤクルトの先発・小川泰弘は、この日も序盤から安定した投球で、スコアボードに0を並べていく。

 小川を援護したい打線は7回に、一死走者なしからバレンティンが四球で出塁すると、続く雄平がライトスタンドに突き刺す2ランで先制する。

 2点のリードをもらった小川は8回、一死走者なしから立岡宗一郎にレフト前に運ばれると、二死後、坂本勇人に三塁ベースに当たる内野安打で一、二塁とされる。ここを抑えたいところだったが、続く4番の阿部慎之助にライト前タイムリーを浴びた。それでも、2番手で登板した石山泰稚が5番マギーを見逃し三振に仕留め、最少失点で切り抜けた。

 1点リードの9回から登板した秋吉亮が四球で出塁を許すも、最後は代打・村田修一を遊ゴロに打ち取り試合を締めた。

 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた江本孟紀氏は「ヤクルトにしたら、先に点を取られるとひっくり返せないチーム状態。一発だけで勝てましたけど、1点差を勝利に導く展開になったのは何かの足掛かりになる。ピッチャーは小川が頑張りました」と振り返った。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM