ニュース

気象予報士試験に合格した、ニッポン放送・箱崎みどりアナウンサーのジャイアンツ愛

無断転載禁止
産休・育休から仕事に復帰した、ニッポン放送箱崎みどりアナウンサー。
今シーズンから「ショウアップナイター」の火曜日のスタジオを担当。
1年間の産休・育休中には気象予報士試験に合格!
そんな箱崎アナに、アナウンサーという仕事、
なぜ気象予報士試験を受けようと思ったのか?そしてプロ野球の魅力にも迫ってみた。




―――まずはニッポン放送に入社した理由。アナウンサーを志した動機は何でしょうか?

私は小さい時から本が好きで、国語の時間の朗読が特に大好きでした。
高校時代は放送部に入って、アナウンスの練習をしていましたが、大会では最高で関東4位、
学校には私よりも上手な子がたくさんいたので、アナウンサーにはなれないだろうと諦めていました。
しかし、就職活動の時に「人生一度きりだから」と他の職種と併せてアナウンサーも受験したところ、
採用してもらい、ニッポン放送のアナウンサーになることができました。
ラジオは小さいころから家族で聞いていて身近な存在でした。さらに中高生になってからは、
野球やお笑い、他局ですが洋楽・アニメなど、好きな話題についてラジオでしか聞けない話が聞けるのが刺激的で、
私にとってなくてはならないメディアでした。
中でも「オールナイトニッポン」で勉強を言い訳に夜更かしし、
「ショウアップナイター」で私の高校時代を支えてくれたニッポン放送には一際思い入れがありました。


―――現在の担当番組を教えて下さい。

「ショウアップナイター」(平日は夕方17時30分から土曜は17時50分、日曜は17時40分から)の火曜日のスタジオを担当しています。
また、土曜日は、朝8時30分からの「八木亜希子 LOVE&MELODY」、午後15時30分からの「スイスイサタデー ~カロ・ソリーゾ!」で、中継に出ています。
そのほかの日は、ラジオCMの収録などをしています。


―――実際にアナウンサーの仕事をして感じたことは何かある?

思っていた以上にたくさんの方とお話ができることがとても楽しく、日々の元気をいただいています。
吉田アナウンサーの本『ツイッターってラジオだ』に、アナウンサーは、小さい子でも総理大臣でも、
誰と話していても不自然ではない仕事だ、という箇所があるのですが、まさにそれを実感しています。



入社してすぐに担当した「あなたとハッピー」(平日朝8時から)の中継コーナーで、
毎朝たくさんのリスナーの方とお話をして、その方の楽しかったこと、知らないこと、日ごろ考えていることなど、たくさんのことを教えていただきました。
さらに、リスナーの皆さんも、日常生活の中で番組に参加して、放送を楽しんでくださっているのが分かり、とても楽しく貴重な時間でした。
お聴きいただいているリスナーの皆さんあっての放送だということを感じています。


―――気象予報士の試験に合格。なぜ受けようと思った?何に生かそうと思っている?
(箱崎アナが受けた回の合格率は何と!!4.9%でした)


昨年、長女を出産し、約1年、産休・育休をいただきました。
出産後、長く実家にいたのですが、その時、暇そうに見えたんでしょうね(笑)、
父に何かしないとだめだと勧められて、本格的に気象予報士の勉強を始めました。



友人に気象予報士に合格した文系の方がいて、「理数系が苦手でも大丈夫」と背中を押してくれたこともきっかけになりました。
また、お休み前に担当していた「あさラジ」(平日朝6時から)でお天気を伝えていましたが、中々上手く伝えられないと感じていたことも大きな動機です。
勉強してみて、お天気を知ることが、日常生活をスムーズに送るために、そして生命を守るために、いかに重要なことなのか痛感しました。
気象予報士をとったことで、気象庁からの警報・注意報などの意味を、より生活に役立ててもらえるよう、
そして、いざという時には大切な生命を守っていただけるよう、しっかりとした情報発信をしていきたいと思います。


―――産休、育休明けで仕事に復帰した今年からショウアップナイターの火曜日のスタジオ担当。
もともとプロ野球ファンだったとか?またどこのチームのファン?


個人的な話ですが、私は、築地で生まれ育った祖父が、巨人の勝敗に機嫌が左右される程の巨人ファン、
広島出身の父が、二軍選手の動向も把握する程のカープファンで、小さいころからプロ野球をよく観ていました。
小学校の時に、運動が苦手ながら入った野球部で、バットにボールがかすりすらしなかったり、
守っているライトに打球が飛んでこなかったりしながらも、打順を待っている間のどきどき感など、
チームで野球をするのがとても楽しくて、同時に、同じ時期に巨人に入団した高橋由伸選手を初めに大好きになり、巨人ファンになりました。



ラジオで野球を聞くと、一つ一つのプレーの裏が分かったり、試合に出ていない選手の情報も入ったりする上、
シーズンオフには試合中とは違う、選手の飾らない声もたっぷり聴けるので、高校時代に、いよいよ野球とラジオにのめりこみました。
大学生になって観戦に行く機会も増えましたが、当時の私は、まさか仕事で野球に携われるなんて、想像もしていませんでした。
元々巨人ファンだったのですが、好きな選手が移籍することが増えてきて、選手を追いかける形でいろんなチームを応援していました。
昨シーズンからは、高橋監督の胴上げが見たくて、巨人を応援しています。


―――好きな選手はいる?

一番好きな高橋由伸選手をはじめ、好きだった選手は、いつの間にか多くが監督・コーチになっています。
昔から応援していて、今も現役なのは、カブスの上原浩治投手、楽天の久保裕也投手、DeNAの林昌範投手です。
今は、取材したり個人的に観に行ったりもしたので、独立リーグ出身の選手がNPBで活躍していると嬉しいです。
今シーズンは、巨人の篠原投手、中日の又吉投手、三ツ間投手に注目しています。


―――初めてのショウアップナイターのスタジオ担当。実際にやってみてどうでしょう?

ショウアップナイターのスタジオは、試合展開によって時間がまちまちで、
直前に決まります。大好きな野球に仕事で携われる幸せを感じていますが、
実際にやってみると、感慨にふける間もなくばたばたとして、あっという間に終わってしまっています。
放送後は、伝えたいことを伝えきれなかったと反省しきりです。
今後は、放送時間が取れたら、また短い時間でもその中で出来る限り、
私が野球の大きな魅力の一つだと感じている、選手が作るドラマがたくさんの方に伝わるようにしたいと思っています。
また、シーズンを通して野球にかかわることで、新たな面白さも見つけることも目標です。
試合展開によって、担当する時間は変わりますが、気合を入れて頑張りますので、引き続きどうぞよろしくお願いします!



ニッポン放送 箱崎みどり
東京大学大学院総合文化研究科修了
2011年ニッポン放送入社。
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM