ニュース

宮本和知氏、燕・中村の走塁を絶賛「スタートがよかった」

無断転載禁止
3回一死三塁、石川の三ゴロの間に三走中村が先制の生還=東京ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
● 巨人 0 - 1 ヤクルト ○
<8回戦 東京ドーム>

 ヤクルト・中村悠平の好走塁が勝利に繋がった。

 0-0で迎えた3回、ヤクルトは先頭の7番・中村悠平が二塁打で出塁すると、続く大引啓次の右邪飛で二塁走者の中村が三塁へタッチアップ。一死三塁とすると、9番・石川雅規の三塁ゴロ。打った瞬間にスタートを切っていた中村がホームに生還し、この試合唯一の得点が生まれた。

 この走塁にニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める宮本和知氏は「中村選手のスタートがよかった。(石川の打球が)ちょっと三遊間よりのボールだったので、速い打球でした。それでも第一リードを大きくとっていましたね。中村選手のファインプレーといっていいでしょうね」と絶賛。

 中村は守備でも、毎回のように走者を背負った投手陣を無失点に抑えるリードをするなど、2戦連続完封勝利に大きく貢献した。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM