ニュース

前年覇者の日ハム、借金「20」で前半戦終了 大谷が2回途中4失点で黒星

無断転載禁止
2回、1死満塁のピンチを招いた大谷(中央)のもとに集まる日本ハムナイン=京セラドーム
2017.07.12 18:00
オリックス・バファローズ 6 終了 3 北海道日本ハムファイターズ
京セラD大阪
○ オリックス 6 - 3 日本ハム ●
<14回戦 京セラD大阪>

 オリックスが同一カード3連勝で、前半戦4連勝フィニッシュ。日本ハムは今季初登板初先発の大谷が2回途中4失点で降板し、前半戦を借金「20」の5位で終えた。

 大谷は初回、1番小島に四球を与えたものの、3番吉田正を一ゴロ併殺に仕留めるなど結果的に3人斬り。2回は先頭の4番ロメロをフォークで空振り三振に仕留めたものの、一死から四球と連続安打で満塁のピンチを招いたあと、8番大城にストレートの押し出し四球を与えたところで降板となった。

 2番手としてメンドーサが登板するも、9番伊藤に初球を叩かれ、これが三塁線を破る走者一掃の3点適時二塁打となった。これで大谷は1回1/3で4失点。2安打2奪三振3失点と本来の姿には程遠く、今季初黒星を喫した。

 メンドーサは2番駿太にも左犠飛を許し、日本ハムは2回だけで5失点。投手陣は3回以降は1失点に凌いだが、序盤の大量失点があまりにも重すぎた。

 打線は2番松本が2安打2打点と気を吐いたが、5番レアード以降の下位打線が計1安打。前半戦を象徴する低調な戦いぶりで、敵地で3タテを食らった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西