ニュース

大矢氏、DeNA・石田に「精神的に強くならないと」

無断転載禁止
DeNAの石田健大
「自分にイライラしたり、ガッカリしたりっていうような雰囲気がでてきている。精神的に強くならなきゃいけない。自分で乗り越えられるようにならないと、エースになれませんのでね」。

 2日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた大矢明彦氏は、同日の巨人戦に先発したDeNAの石田健大に注文をつけた。

 この日の石田はテンポの良い投球で、巨人打線を3回までノーヒットに抑える。打線も3回裏には、筒香嘉智のタイムリーで1点を挙げ、3回までの石田の投球であれば、1点のリードで充分かと思われた。

 ところが、4回に突如乱れる。一死走者なしからマギーにこの日初安打となる二塁打を打たれると、二死後、阿部慎之助、村田修一に四球を与え満塁のピンチを招いてしまう。なんとか0に抑えたい石田だったが、長野久義に押し出しの四球で同点に追いつかれてしまった。

 続く5回は再び安定感を取り戻し、巨人打線を三者凡退に仕留めた。しかし6回、ヒットと2つの四球で、この日2度目の満塁のピンチを作ってしまい降板。2番手で登板した尾仲祐哉の暴投で1点を失い、これが決勝点となり石田は今季6敗目を喫した。

 石田は降板後、「初球から振ってくる打者が多い中、低めを意識して投球できましたが、厳しいところを狙いすぎてカウントを悪くしてしまい、自分で苦しい投球にしてしまいました」と反省。

 降板後の石田のコメントを受けて大矢氏は「同じ感じですから、自分で今シーズンを振り返ってみたらどうですかね。いいモノは持っているんだから」とアドバイスを送った。

 DeNAが2年連続クライマックスシリーズ進出するためにも、開幕投手を務めた石田の復調が待たれる。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM