ニュース

9回二死から同点、延長サヨナラ!インディアンス“ミラクル”22連勝

無断転載禁止
インディアンスが22連勝!
○ インディアンス 3 - 2 ロイヤルズ ●
<現地時間9月14日 プログレッシブ・フィールド>

 インディアンスが劇的サヨナラ勝ち。8月25日から続いている連勝はついにメジャー新記録の「22」まで伸びた。

 先制を許したインディアンスは3回、チゼンホールの適時打で同点。試合を振り出しに戻すも、6回にホスマーに適時二塁打を浴びて1-2。勝ち越しを許してしまう。

 そのまま1点ビハインドで迎えた9回裏、ロイヤルズのマウンドには守護神のヘレラ。一死からネークインが安打で出るも、後続が倒れて二死。万事休すかと思われたが、リンドーアが2ボール・2ストライクと追い込まれながらもレフトオーバー・フェンス直撃の適時二塁打。土壇場で追いつき、延長戦へと持ち込んだ。

 そして迎えた10回裏、ラミレスがこの日4安打目となる二塁打を放つと、エンカーナシオンの四球の後、ブルースがライト線へ弾き返す安打。二塁から走者が悠々と還り、インディアンスがサヨナラ勝ち。驚異の粘りを見せ、連勝を「22」に伸ばした。

 前日の21連勝で2002年にアスレチックスが記録したリーグ記録を更新し、1935年にカブスが記録したメジャー記録に並んでいたインディアンス。この勝利で連勝を22とし、メジャー新記録を打ち立てた。

 ちなみに、引き分けを挟んでの連勝記録となると、1914年にニューヨーク・ジャイアンツが記録した「26」というとてつもない記録が残っている。“ミラクル”インディアンスはこの記録を超えることができるか、あす以降も目が離せない。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西