ニュース

里崎氏、CSまで時間があく広島に「心配いらない」

無断転載禁止
2年連続8度目のセ・リーグ優勝を決め、胴上げされる広島・緒方監督=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
 広島が18日、37年ぶりにリーグ連覇を達成した。大黒柱の黒田博樹が昨季限りで現役を引退し、エースのジョンソンが咽頭炎で離脱した時期があった中、投手陣は薮田和樹が14勝、岡田明丈が12勝をマークするなど台頭。打線も“タナキクマル”をはじめ、鈴木誠也、松山竜平、安部友裕らの活躍が目立ちリーグ屈指の攻撃力を誇った。

 圧倒的な強さでリーグ優勝した広島だが、クライマックス・シリーズファイナルステージの初戦(10月18日)まで約1カ月近く時間があく。

 CSファイナル初戦までの間が空いているのは気になるところではあるが、19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタープレイボール』に出演した里崎智也氏は「10年間のクライマックスシリーズで、セ・パあわせて3チーム(07年中日、10年ロッテ、14年阪神)しか2位、3位のチームが日本シリーズに進出していません。普通にやったら(広島が)勝ちます。心配いらないです」と語る。

 続けて、「カープは昨年日本シリーズで日本ハムに負けていますから、日本一という思いは強いと思います。そこのモチベーションをどう維持できるかが勝負所じゃないですか」と話した。

 広島はCSまでの1カ月を有効に使い、万全な状態でファイナルステージに迎えたいところだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM