ニュース

楽天・則本、CS初戦で今季ワースト7失点 4回105球、計6四死球の大乱調

2017.10.14 13:00
埼玉西武ライオンズ 10 終了 0 東北楽天ゴールデンイーグルス
メットライフ

制球定まらず、計6四死球も今季ワースト


 楽天の則本昂大が14日、西武とのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第1戦(メットライフ)に先発登板したが、4回までに7安打6四死球と乱れ、計7失点で早くもマウンドを降りた。

 則本は初回、一死から2番源田に死球を許すと、続く浅村に左翼席へ飛び込む先制2ランを浴びた。その後も2四球を与えるなど、初回だけで3四死球。3回にも3番浅村、5番森に四球を与え無死満塁のピンチを招くと、一死後、7番中村に中犠飛を許し3点目を失った。

 ここで踏ん張りたいエースだったが、さらに二死二、三塁から、8番炭谷に2点適時二塁打を浴び0-5。続く9番金子侑にこの試合5つ目の四球を与えると、その後、1番秋山、2番源田に連続適時打を浴び、早くも7失点となった。

 則本は続投した4回を無失点で凌いだが、4回までに105球を要し、7安打6四死球の大乱調。レギュラーシーズンでは15勝7敗、防御率2.57をマークし、222三振で4年連続の奪三振王タイトルを獲得。4年ぶりのCS先発に気合十分だったが、レギュラーシーズンの6失点を上回る、今季ワーストの7失点でKOされた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西