ニュース

西武・十亀で福岡行き切符だ!“お得意”楽天戦も慢心なし「一からのつもりで」

無断転載禁止
西武・十亀剣
 クライマックスシリーズファーストステージ第1戦を10-0で大勝し、ファイナルステージ進出に王手をかけた西武。第2戦はもう一人の“楽天キラー”十亀剣で福岡行きの切符をつかむ。

 十亀は今季20試合に登板し、8勝7敗、防御率3.40。「成績だけでみたら野上がいくところだろう」と自信も話すように、勝数は野上の11勝に及ばないものの、楽天戦は5試合に登板して3勝1敗、防御率1.78と好成績を残している。しかし一方、「シーズンいくらかっても、ここで負けたら一緒。一からのつもりで」と慢心はない。


 対する楽天の先発はかつてのチームメイトであり、先輩の岸孝之。「意識しないこと絶対ない。1点差の勝負にもっていかないといけない」と力を込めるも「結局対戦するのは野手。切り替えてしっかり投げたい」と冷静に話した。


 前日、菊池と則本のエース対決を制し、ファイナルステージ進出に王手をかけた西武。しかし、きょう負ければ相手も王手をかけることとなる。

 自身を「マイナス思考」と分析する十亀。「不安はあります」と言いながらも「先発として(CSの)マウンドに立てる喜びと、重要なポジションを任せてもらえてるという意味では、楽しみのほうが多い。期待をしてもらっているということを意気に感じて、しっかりと結果で応えられたら」と意気込んだ。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西