ニュース

野村弘樹氏が『成長した』と評価する阪神の打者は?

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める野村弘樹氏
 チームを勝利に導くことはできなかったが、阪神のドラフト1位ルーキー・大山悠輔が大舞台で躍動した。

 『5番・一塁』で先発出場した大山は2回の第1打席、DeNAの先発・今永昇太が投じたインコースのストレートをライト方向へ放つヒットで出塁。この打撃に『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 阪神-DeNA戦』で解説を務めた野村弘樹氏は、「イニングの先頭打者として、どう出塁するかというところで、センター方向、逆方向を意識してバッティングができる。それがヒットにできるようになったというところが、大山の成長だと思いますね」と評価する。

 続く3回の第2打席では、レフトスタンドに突き刺さる本塁打。野村氏が「差し込まれたかなと思ったんですけど、力がありますね。大山は、良いバッティングをしました」と称えると、その後も第3打席に二塁打、第4打席はあわや本塁打かというセンターへのタイムリー二塁打を放ち、この日は4安打3打点の大暴れ。CSでは球団史上初の1試合4安打を記録した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM