ニュース

谷繁氏、楽天・ウィーラーに「打席での雰囲気が変わった」

無断転載禁止
8回、本塁打を放ち、ガッツポーズする楽天・ウィーラー=メットライフドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
 クライマックスシリーズファーストステージ第2戦が終了した時点で7打数0安打だった楽天のウィーラーが、ソロ本塁打を含む3安打2打点の活躍で、チームのファイナルステージ進出に大きく貢献した。

 0-0で迎えた初回二死満塁の第1打席、ショートへ先制のタイムリー内野安打を放ち、今シリーズ初安打をマーク。続く4回の第2打席はセンター前ヒットを放ちマルチ安打を記録し、ワイルドピッチの間に二塁から一気にホームへ生還した。

 さらに1点リードの8回二死走者なしで迎えた第4打席、西武のシュリッターが投じたツーシームをレフトスタンド上段へ放り込んだ。

 16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズファーストステージ第3戦 西武-楽天戦』で解説を務めた谷繁元信氏は、ウィーラーについて「1本出ると変わると思ったら、案の定変わりましたね。打席での雰囲気が1打席目と2打席目で全く変わりましたから」と分析。

 「この調子でいけば、ムードメーカー的な存在ですからね。楽天としては大きいですね」。18日から始まるソフトバンクとのファイナルステージを前に、ウィーラーの復調はかなり心強い。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM