ニュース

ヤンキース、逆転勝利で2勝2敗のタイ ジャッジが2戦連発&千金同点打!

無断転載禁止
7回裏に反撃の狼煙となる中越えソロを放つヤンキースのジャッジ
【ア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦】
○ ヤンキース 6 - 4 アストロズ ●
<現地時間10月17日  ヤンキー・スタジアム>

 ヤンキースとアストロズによるリーグ優勝決定シリーズ第4戦が17日(日本時間18日)に行われ、4点ビハインドをひっくり返したヤンキースが、2連勝でこのシリーズの対戦成績を2勝2敗のタイに戻した。

 ヤンキースは4点を追う7回、先頭の2番ジャッジが豪快な中越えソロを放ち反撃開始。さらに3番グレゴリアスが三塁打を放ちチャンスメイクすると、4番サンチェスの右犠飛で2-4とした。

 8回は先頭からの連打で無死二、三塁とすると、1番ガードナーの二ゴロで1点差。さらに一死三塁から、ジャッジが左翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち、試合を振り出しに戻した。

 なおも一死一、三塁と好機は続き、サンチェスが2点適時二塁打を右中間へ運び6-4と逆転。8回は打者一巡の猛攻で、一気に4点を奪った。

 投げては先発グレイが6回途中2失点(自責1)と力投。バックの3失策もありヤンキース投手陣は4点を失ったが、2点リードの9回は守護神・チャプマンが締めた。

 アストロズは先発・マクラーズが7回途中1失点と好投。打線は5番グリエルの3点二塁打などで一時4点をリードを奪ったが、救援陣が踏ん張れなかった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西