ニュース

楽天、ソフトBに競り勝ち2連勝! 嶋がV打、秘密兵器・宋がCS2勝目

無断転載禁止
7回一死二塁、嶋が左中間に勝ち越し二塁打を放つ=ヤフオクドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.10.19 18:00
福岡ソフトバンクホークス 1 終了 2 東北楽天ゴールデンイーグルス
ヤフオクドーム
パCSファイナルステージ第2戦
● ソフトバンク 1 - 2 楽天 ○
<10月19日 ヤフオクドーム>

 楽天が接戦を制し2連勝。ソフトバンクに与えられた1勝のアドバンテージを含め、このシリーズの対戦成績を2勝1敗とした。

 楽天は初回、ソフトバンク先発・千賀に対し一死から2番藤田が四球で出塁すると、続く銀次は初球を叩き右前へ。この打球をソフトバンクの右翼・川島が後逸する間に、一塁走者の藤田が先制ホームを駆け抜けた。

 1-1の7回は先頭の7番聖沢が遊撃への内野安打で出塁すると、続く岡島が送りバントを決め一死二塁。ここで9番嶋が千賀の直球を左中間へ弾き返し、これが決勝点となる適時二塁打となった。

 投げては先発の辛島が6回途中1失点の粘投。バックの好守にも助けられた左腕は「初戦を塩見さんで勝って『自分も』という気持ちで投げました。変化球がうまく抜け、緩急をうまく使えたと思います。とりあえず、先発としての仕事はできたと思います」と充実の登板を振り返った。

 辛島は6回にピンチを招き降板したが、代わった宋家豪が2三振の好救援。リードを奪った7回以降は高梨、福山、松井裕の必勝リレーでつなぎ、2番手の宋家豪が西武とのファーストステージ第3戦に続き、CS2勝目を手にした。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西