ニュース

広島・野村の5回失点場面に野村弘樹氏「焦ったなという印象」

無断転載禁止
5回、DeNAの代打乙坂に2点打を許した広島・野村=マツダ(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.10.19 18:00
広島東洋カープ 2 終了 6 横浜DeNAベイスターズ
マツダスタジアム
セCSファイナルステージ第2戦
● 広島 2 - 6 DeNA ○
<10月19日 マツダスタジアム>

 19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズファイナルステージ第2戦 広島-DeNA戦』で解説を務めた野村弘樹氏が、先発した広島・野村祐輔の5回の失点シーンについて言及した。

 4回までに2点を失った野村は1-2の5回、一死走者なしからロペスにライト前に運ばれると、二死後、5番・宮崎敏郎にエンタイトルツーベースを打たれる。ここをなんとか「0」で切り抜けたい野村だったが、続く柴田竜拓に四球を与え、ピンチを広げてしまった。

 野村氏は柴田に与えた四球について、「そんなに警戒しなくてもいいバッターのように感じるんですけど、野村としてもこれ以上点をやってはいけないという意識がこういうピッチングになっている」とメンタル面の影響を指摘。

 柴田を歩かせた野村は、二死満塁から代打・乙坂智に初球のカットボールを捉えられ、2点タイムリーを浴びた。野村弘樹氏は「ちょっと野村祐輔らしくないな。焦ったなという印象」と述べ、乙坂に対する初球の入り方に疑問を投げかけた。

 結局、この回を終えたところで代打が送られ野村は降板。5回を投げて8安打3四球4失点という投球内容だった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM