ニュース

広島・丸、松山の打撃が心配!?

無断転載禁止
打撃の状態が心配な広島の丸佳浩(左)、松山竜平(右)

野村氏「丸と松山は状態がよくない」


「丸と松山はあんまり状態がよくないなと感じました」。

 19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズファイナルステージ第2戦 広島-DeNA戦』で解説を務めた野村弘樹氏は、広島の丸佳浩、松山竜平の状態を心配した。

 野村氏は丸と松山の状態がよくないと思う理由について「(初戦)石田の甘いボールを結構打ち損じているように見えたんですよ。試合勘なのかもしれませんが、9月の松山の絶好調時、丸の本来の打撃を考えるとちょっとおかしいなと感じました」と説明した。


丸は1安打も、松山は無安打


 『3番・中堅』で先発した丸は4回の第2打席、二安で出塁したが、この日の安打は1本のみ。その他の打席は第1打席が二ゴロ、第3打席が二飛、第4打席が空振り三振だった。

 4回に二安で出塁した丸の打撃に野村氏は「結果はヒットになりましたけど内容はよくないですよね」と分析。5回、二飛に倒れた第3打席についても「(DeNA先発・浜口遥大の)ストレートを完全に詰まらされているんですよ。本来の丸じゃないですよね」と指摘した。

 『4番・左翼』で出場した松山竜平は8回の第4打席に四球で出塁したが、3打数0安打に終わった。野村氏は一ゴロに倒れた6回の第3打席の打撃について「ど真ん中の甘いチェンジアップなんですよ。これが引っかかってしまうというところでは、本来の姿ではない」と話した。

 1番の田中広輔は、19日の試合でもマルチ安打を記録するなど好調を維持。それだけに、チャンスで打席に回ることの多い丸、松山の復調が待たれる。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM