ニュース

ソフトB・内川の活躍に大矢氏「本当に素晴らしい」

無断転載禁止
6回ソフトバンク無死、内川が左越えに同点となる4試合連続の本塁打を放つ=ヤフオクドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
 ソフトバンクの4番・内川聖一が、クライマックスシリーズ4試合連続となる本塁打を放った。

 3-2で迎えた6回、楽天の2番手・宋家豪が投じたストレートを振り抜いた打球は、レフトスタンド中段に突き刺す同点ソロとなった。この本塁打に『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズファイナルステージ第4戦 ソフトバンク-楽天戦』で解説を務めた大矢明彦氏は「集中力というのかな。打ち損なわないですよね。本当に素晴らしいバッティングですよね」と太鼓判を押した。

 この日は本塁打を含む2安打1打点の活躍を見せた内川は、ファイナルステージ打率.467、4本塁打、6打点と好調を維持している。大矢氏は「故障していて間に合うかなというのはありましたけど、4番を任されて意気に感じているね。その気持ちで打っている。いい状態が続いていますよ」と横浜監督時代の教え子の活躍に目を細めた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM