ニュース

ソフトB・柳田、復帰初戦でマルチ 大矢氏「実りの多いゲーム」

無断転載禁止
ソフトバンク・柳田悠岐(C)KYODO NEWS IMAGES
 右脇腹の故障でシーズン終盤に離脱していたソフトバンクの柳田悠岐が22日、一軍に復帰。同日に行われた楽天とのクライマックスシリーズファイナルステージ第5戦に『1番・中堅』で先発出場し、2安打1打点と故障の不安を感じさせない働きを見せた。

 柳田は初回の第1打席、楽天の先発・美馬学が投じた3球目のスライダーを、ショートへ運び内野安打で出塁した。復帰後初打席での安打に22日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズファイナルステージ第5戦 ソフトバンク-楽天戦』で解説を務めた大矢明彦氏は「8分でいくっていう気持ちがよかったんじゃないですかね。本人は手応えを感じられる内野安打だったと思います」と評価。

 今宮の犠打で二塁へと進んだ柳田は、3番・デスパイネの初球、ワイルドピッチで三塁へ進塁した。大矢氏は柳田の走塁を見て、「野球をやるのが嬉しいというのが凄くでています。バントで二塁へ行く時も凄くいいスタートを切っていました」と、野球を楽しんでいように映ったようだ。

 5点リードの4回二死二塁で迎えた第3打席では、ライト前に落ちるタイムリーヒット。大矢氏は「正直こういうバッティングもできるんだというバッティングですね。今みたいなバッティングを覚えると、脇腹の故障はなくなりますね」と故障によって新しい引き出しを見つけたのではないかと分析した。

 左の高梨雄平と対戦した6回二死二、三塁の第4打席は二ゴロに倒れたが、大矢氏は「最後に高梨が出てきて、左ピッチャーまで経験できましたのでね。そういう意味では実りの多いゲームでしたね」と振り返った。

 チームは柳田の活躍もあり7-0で勝利し、2年ぶりに日本シリーズ進出を決めた。ファイナルステージは1試合の出場にとどまったが、日本シリーズでは大暴れに期待したいところだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM