ニュース

DeNA、継投策ズバリ!前田幸長氏「短期決戦ならでは」

無断転載禁止
6回広島二死満塁、田中(左)を二ゴロに打ち取ったエスコバー(中央)。右は二走新井=マツダ(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.10.23 18:00
広島東洋カープ 3 終了 4 横浜DeNAベイスターズ
マツダスタジアム
セCSファイナルステージ第4戦
● 広島 3 - 4 DeNA ○
<10月23日 マツダスタジアム>

 ラミレス監督の継投策がズバリと決まり、DeNAは4-3で勝利し、19年ぶりの日本シリーズ進出に王手をかけた。

 1点リードの6回無死満塁のピンチでマウンドにあがった三上朋也が見事な火消しを見せた。三上は代打・岩本貴裕に対して、2球続けてボールとなるが、ストレートでストライクを奪うと、ファウルで追い込み、最後は内角のスライダーで空振り三振に仕留めた。

 続く代打・小窪哲也に対しても、1ボールから3球連続ストライクを奪い空振り三振。左の田中広輔を迎えたところで、DeNAベンチは左のエスコバーにスイッチした。エスコバーは田中を初球の151キロストレートで二ゴロに仕留め、DeNAは無死満塁のピンチを、三上、エスコバーの2人で無失点で切り抜けた。

 23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズファイナルステージ第4戦 広島-DeNA戦』で解説を務めた前田幸長氏は「三上は2ボール0ストライクからのスタートでしたので、そこから開き直れましたかね。とにかく腕を振ってストライクゾーンに投げるんだと。そこからポンポンとストライクが入り出して、自分有利に進められましたよね。エスコバーも1球ですからね」と振り返った。

 7回からはシーズン中、先発を務め、今季はチーム最多の11勝を挙げた今永昇太がマウンドへ。今永は2番・菊池涼介から始まる打順を三者凡退で片づけると、2イニング目となった8回も野間峻祥を空振り三振、新井貴浩を遊ゴロ、西川龍馬を遊邪飛に仕留めた。今永は2回を0安打3奪三振無失点と見事なピッチングだった。

 前田氏も「今永のピッチングがキリッと締めて、ベイスターズの勝ちをグッと近づけた今日のゲームだったと思います」と評価した。

 最終回は守護神の山崎康晃が2つの三振を奪うなど、三者凡退に打ち取り、1点のリードを守り切った。前田氏はDeNAの投手起用に「これが短期決戦ならではの勝ち方ですよね」とコメントした。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM