ニュース 2017.10.28. 11:00

DeNA・ラミレスが挙げた日本Sの『キープレーヤー』は?

無断転載禁止
DeNA・ラミレス監督
 いよいよ今夜から始まるソフトバンク-DeNAの日本シリーズ。第1、2戦の舞台であるヤフオクドームで前日会見が行われ、DeNAのラミレス監督はキープレーヤーに桑原将志の名前を挙げた。

 1番を打つ桑原は阪神とのCSファーストステージは打率.100と力を発揮できなかったが、広島とのファイナルステージでは第5戦、1点を追う3回に野村祐輔から逆転の2ランを放つなど、打率.364、1本塁打、4打点の大活躍を見せた。

 ラミレス監督は「彼が塁に出れば得点する可能性が高まる。その後ろにロペス、筒香、宮崎といったクリーンナップがいる。桑原が出塁するかしないかがポイント」と話す。

 ファイナルステージを振り返っても、第2戦は桑原のヒットを足がかりに2点を先制し、第4戦は2点を追う5回に同点タイムリーを放ち、ロペスのタイムリーでホームに生還した。そして第5戦は逆転2ランを放つなど、桑原の出塁が多くの得点に結びついている。

 ラミレス監督が話すように、『1番・桑原』の出塁が今シリーズのカギを握っているといえそうだ。

【桑原将志のCS成績】
ファーストステージ 3試 率.100(10-1) 本0 点1
ファイナルステージ 5試 率.364(22-8) 本1 点4

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM