ニュース 2017.10.28. 20:37

DeNA井納、日本S初先発も5回途中でKO 2番手・田中健も崩れ計7失点

無断転載禁止
DeNAの井納翔一[写真は2017年]

序盤から制球に苦しみ計4四死球


 ソフトバンクとDeNAによる日本シリーズが開幕。DeNAは初戦の先発に井納を立てたが、右腕は序盤から制球に苦しみ5回途中7失点で降板した。

 井納は初回、先頭の柳田に中前打を許し、続く今宮には犠打を決められ一死二塁。立ち上がりから得点圏に走者を背負うと、3番デスパイネに左翼線への適時二塁打を浴び先制を許した。

 2回は先頭の松田に左前打を許したあと、続く7番長谷川勇に対しては、内角を狙った直球が外角へ。これを真芯で捉えられると、打球は右中間席へ飛び込む2点本塁打となった。その後、1番柳田へ死球を当てるなど制球が定まらず。4回は8番明石に四球を与えるなど、初回から毎イニング走者を背負い続けた。

 1-3で迎えた5回も、先頭の2番今宮に四球を許し、二盗と捕手・嶺井の悪送球が重なり無死三塁。続くデスパイネに2本目の適時打を打たれ4点目を失うと、一死後、5番中村晃にはストレートの四球。さらに6番松田に中前打を浴びてしまい、一死満塁のピンチとなったところで降板となった。

 DeNAは代わった田中健も乱れ、5回だけで計7失点。井納は結局4回1/3、7安打4四死球で7失点。DeNAは5回終了時点で1-10と大量ビハインドを背負った。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西