ニュース

ソフトB、2年ぶり日本一へ大勝発進! 5回までに10得点、千賀は7回1失点

無断転載禁止
1回、デスパイネの先制二塁打で生還し、ナインに迎えられるソフトバンクの二走柳田。右は松田=ヤフオクドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.10.28 18:30
福岡ソフトバンクホークス 10 終了 1 横浜DeNAベイスターズ
ヤフオクドーム
SMBC日本シリーズ第1戦
○ ソフトバンク 10 - 1 DeNA ●
<10月28日 ヤフオクドーム>

 ソフトバンクとDeNAによる日本シリーズが開幕。初戦は投打が噛み合ったソフトバンクが大勝し、2年ぶりの日本一へ好スタートを切った。

 ソフトバンクは初回、先頭の柳田が中前打で出塁すると、続く今宮はキッチリを犠打を決め一死二塁。1、2番がチャンスメイクすると、3番デスパイネが先制となる適時二塁打を左翼線へ運んだ。

 2回も先頭の6番松田が左前打で出塁すると、続く長谷川勇が右中間席へ2ランを運び3-0。5回はデスパイネが2本目の適時打を放ちDeNA先発・井納をノックアウトすると、代わった田中健からも得点を重ね、一挙7点のビッグイニングとした。

 打線は柳田が復帰した楽天とのCSファイナルステージ第5戦から、これで2戦連続の大量得点。安打数は9本ながら5つの四球と2つの犠打をしっかりと絡め、5回までに大量10点を奪った。

 投げては先発・千賀が7回1失点(自責0)と好投。立ち上がりは制球に苦しみピンチを招いたが、3回以降はしっかりと修正し、失策絡みの1失点に凌いだ。8回以降は森、嘉弥真、寺原と余裕の継投。DeNA打線に反撃を許さず、パ・リーグ王者の貫禄を示した。

 対するDeNAは、井納と2番手・田中健が乱れ5回までに10失点。打線は千賀の前に沈黙し、19年ぶりの日本シリーズは大敗スタートとなった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西