ニュース

DeNA、逃げ切り失敗で連敗スタート 遊撃・倉本が痛恨の捕球ミス

無断転載禁止
厳しい表情のラミレス監督(前列左から3人目)らDeNA首脳陣=ヤフオクドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2017.10.29 18:30
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 3 横浜DeNAベイスターズ
ヤフオクドーム
SMBC日本シリーズ第2戦
○ ソフトバンク 4 - 3 DeNA ●
<10月29日 ヤフオクドーム>

 ソフトバンクがシーソーゲームを制し逆転勝ち。日本シリーズでの本拠地連勝を「8」に伸ばし、このシリーズの対戦成績を2勝0敗とした。一方のDeNAは痛恨の逃げ切り失敗。7回裏に出た遊撃・倉本の失策が響いた。

 DeNAは先発の今永が粘投。すると0-1の6回、2番梶谷がソフトバンク先発・東浜から同点ソロを放つと、さらに二死一塁の場面で5番宮崎が、代わった森から逆転となる2ランを左翼席へ運んだ。

 今永は6回を投げ切り、5安打10奪三振1失点の好投。DeNAはこのシリーズ初めてリードを奪い、3-1の7回から2番手・三上をマウンドへ送った。

 しかし、三上は先頭の代打・明石に二塁打を許すと、続く城所には送りバントを決められ一死三塁のピンチで降板。代わった砂田は1番柳田に中前適時打を許してしまい、DeNAベンチはこの回だけで3投手目となるパットンを投入した。

 助っ人右腕は2番今宮に鋭い打球を許したが、このゴロを二塁・柴田が好捕。素早く二塁ベースへ転送し併殺完成かと思われたが、これを遊撃・倉本が落球(失策)。イニング終了が一転、一死一、二塁の大ピンチへと変わった。

 パットンは続くデスパイネを空振り三振に仕留めたが、4番内川には四球を与え二死満塁。続く中村晃には右前打を許すと、同点走者がホームイン。逆転となる二塁走者は右翼・梶谷の好返球で一旦アウトと判定されたが、リプレー検証の結果、セーフへと判定が変わった。

 逆転を許した8回以降は、相手リリーフ陣に反撃を封じられ1点差のまま敗戦。敵地で白星をつかめず、2連敗で本拠地・横浜スタジアムへ戻ることになった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西