ニュース

7回のDeNA・梶谷の送球に田尾氏「一塁側ファウルゾーンにそれちゃうと…」

無断転載禁止
7回ソフトバンク二死満塁、中村晃の適時打で本塁に滑り込む二走今宮。ビデオ判定でセーフとなり逆転の生還となる。捕手戸柱=ヤフオクドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
 29日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ第2戦 ソフトバンク-DeNA戦』で解説を務めた田尾安志氏は7回、ソフトバンク・中村晃のライト前ヒットを捕球しホームへ送球したDeNAのライト・梶谷隆幸のプレーについて言及した。

 2点リードの7回、DeNAはソフトバンク・柳田悠岐のタイムリーで1点を返され、なお二死満塁から中村晃にライト前に運ばれ、同点となる走者のホームインを許し、二塁走者の今宮健太にもホーム生還を狙われた。ここはライト・梶谷の送球がわずかに一塁方向へそれるも、二塁走者・今宮健太をタッチアウトにした。これでチェンジかと思われたが、ホームでのタッチプレーにソフトバンク側はリプレー検証を要求。一旦はアウトと判定されたが、判定がセーフへと変わった。結局この1点が決勝点となり、DeNAは3-4で敗れた。

 田尾氏は、リプレー検証にもなった梶谷の送球について「僕らもライトを守っていましたから一塁側にだけはそらさないように、そういう気持ちで投げていたんですよ。サード側にそれる分ならキャッチャーがタッチしやすいのでOK。一塁側ファウルゾーンにそれちゃうと、追っかけタッチになるんですよね。(送球が)ずれていましたね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM