ニュース

里崎氏、DeNA・桑原にエール「さらに優秀な選手になるための試練」

無断転載禁止
6回、二死満塁の好機に右飛に倒れ、悔しそうな表情のDeNA・桑原=横浜(C)KYODO NEWS IMAGES
 第3戦目もDeNAのトップバッター・桑原将志の打席で“H”のランプは灯らなかった。

 第2戦が終了した時点で9打数0安打、5打席連続三振中と苦しい打撃が続く桑原。舞台を本拠地・横浜スタジアムに移して迎えた第3戦、1点ビハインドの初回にソフトバンクの先発・武田翔太の外角のストレートを冷静に見送り四球で出塁。先頭打者としての役割を果たすも、盗塁は失敗に終わり、流れを引き寄せきれない。

 その後、第2打席は右飛、第3打席は捕邪飛に倒れ、1点ビハインドの6回二死満塁で迎えた第4打席には、ソフトバンクの4番手・森唯斗からライトへ鋭い当たりを放つも、ライト・中村晃の正面を突くライナーに倒れた。

 9回一死走者なしの第5打席も、ソフトバンクの守護神・サファテからライトへ大飛球を放つもわずかにポールの右側に切れてファウル。結局、最後は空振り三振に倒れた。この日も無安打に終わった桑原は、第1戦から13打数0安打と大ブレーキ。リードオフマンとしての役割を果たせずにいる。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ第3戦 DeNA-ソフトバンク戦』で解説を務めた里崎智也氏は「バッティングも当たりは悪くないんですよ。(6回)満塁での打席も正面についただけで、まだちょっと運が向いていない」と話す。

 さらに里崎氏は桑原に「今年だけじゃなく、未来に向けても、桑原がさらに優秀な選手になるための試練。(悔しい思いをしているのも)本人ですけど、これを打破するのも本人しかできないです」とエールを送った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM