ニュース

中日のドラ1鈴木博「続けることが大事」 キャンプ初日に51球投げ込み

無断転載禁止
投球練習後に森監督、杉下臨時コーチと会話する鈴木博志

森監督からは「焦るな」


 中日の一軍春季キャンプが1日、沖縄・北谷でスタート。ドラフト1位右腕の鈴木博志投手(ヤマハ)は、初日からブルペンで51球の投げ込みを行った。

 ブルペンの両隣は吉見一起と大野雄大。さらに、後方から森繁和監督、杉下茂臨時コーチが熱視線を向ける中、鈴木は捕手を座らせ、力強い直球に加えカットボールも披露した。

 投げ込みを終えた右腕は「キャンプに合わせてきた。納得いくボールがいった」と、初日のブルペン点数は「80点」。それでも、「毎日続けることが大事だと思います」と気を引き締めた。

 投球後は森監督と杉下コーチに呼び止められ、森監督には「焦るな」、杉下コーチには「ナイスボール」と言われたという鈴木。1年目からの勝ちパターン入閣へ、即戦力右腕が大器の片鱗を見せた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西