ニュース

中日・森監督、第1クールを総括 福田ら野手陣評価「振り込んできた」

無断転載禁止
中日の福田永将

松坂フィーバーは「他の選手にもいい影響」


 中日の北谷キャンプ第1クールが終了。森繁和監督は5日間を総括し、期待の福田永将や松井佑介など、野手陣のパフォーマンスを評価した。

 2月2日以外は、曇天続きだった沖縄中部。それでも指揮官は、「寒い日が多く心配もあったが、予定していた練習はできたし、十分かと思います」と話した。

 目に留まった選手として、投手ではドラフト1位右腕・鈴木博志の名を挙げた。「(鈴木博の調整は)他の若手とは違い、ベテランのように1クール遅らせた。(5日間のうち)4回(ブルペンに)入ったのかな。素晴らしいボールを投げてくれている。順調に来ていると思う」と評価した。

 野手陣については「福田、松井佑ですかね。この時期はピッチャーの方が目立つことが多いが、今年は野手の方が目立っている。しっかり振り込んで来たなと感じた」と、期待の右打者コンビを称えた。

 フィーバーを巻き起こした松坂大輔については、「大きな注目を集めてくれて、他の選手にいい影響を与えた部分もあると思う。ただ、松坂自身は自分と戦っている最中。まずは自分のことを考え、コーチ陣と話しをしながら、次のクールからはいろんなメニューに入っていくと思う」と見通しを語った。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西