ニュース

西武が「チャットベースのスマートスタジアム」を本格導入 LINEで発券、同伴者に譲渡も

無断転載禁止
チャットベースのスマートスタジアムイメージ画像 [提供=埼玉西武ライオンズ]

世界初の試み


 西武は9日、スポーツ業界では世界初となる電子チケットを起点としてコミュニケーションアプリ「LINE」を活用した「チャットベースのスマートスタジアム」システムを2018年シーズン公式戦から開始することを発表した。

 コミュニケーション型電子チケット発券サービス「Quick Ticket」を提供する playground 株式会社と手を組み、今季から新たな取り組みがはじまる。

 球団オフィシャルチケットショップでチケットを購入した後、受け取り方法で「Quick Ticket」を選択。それから球団公式LINE@アカウントと友達になると、その場で電子チケットを受け取ることが出来るのだ。

 LINEで発券したチケットは、そのまま入場ゲートに持っていって電子スタンプで入場可能。複数枚購入した場合は、LINEやメールで友達にチケットを譲ることもできる。

 さらに、球団公式LINE@から「来場御礼メッセージ」が届いたり、座席位置の情報やキャンペーン情報が届くなど、入場後の観戦サポートも盛り沢山。メットライフドームでの観戦がよりスマートに、よりたのしくなること間違いなし。詳細は球団公式HPまで。



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西