ニュース 2018.02.18. 20:39

広島・高橋昂、中日相手に3回無失点 初回ピンチも「自分の投球できた」

無断転載禁止
広島・高橋昂也

ローテ入り目指す期待の2年目左腕


 広島の高橋昂也投手が18日、中日との練習試合(コザしんきんスタジアム)に先発登板し、3回を1安打無失点と好投した。

 初回、1番京田に右前打、3番アルモンテには四球を与え、一死一、二塁のピンチを招いた左腕。それでも、4番福田を中飛、5番モヤを見逃し三振に仕留め、立ち上がりを無失点で切り抜けた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 2回は8番松井雅から空振り三振を奪うなど、テンポよく3者凡退、3回は二死から2番亀沢に死球をぶつけたが、3番アルモンテをどん詰まりの投ゴロに仕留め、3回を1安打無失点、2奪三振2四死球の内容で降板した。

 高橋昂は登板を振り返り、「球にバラつきがあるし、まだ課題はあるが、自分の投球はできました」とコメント。ストレート球速の大半が130キロ後半だったと聞かされると、「(球速は)あまり気にしていません。空振りが取れたり、詰まらせることができればいいので」と、淡々と話した。

cX.callQueue.push(['insertWidget', { widgetId: '2b5c22c2f9aca77097a4830998ad03515c55bc34', insertBeforeElementId: 'cx_2b5c22c2f9aca77097a4830998ad03515c55bc34', width: '100%', height: 303, renderTemplateUrl: 'auto' }]);