ニュース

西武から3名が代表入り 連続選出の外崎「持ち味をアピール」

無断転載禁止
侍ジャパンに選出された秋山、外崎、浅村(左から) [画像提供=埼玉西武ライオンズ]

野手3人が代表へ…


 『ENEOS 侍ジャパンシリーズ 2018』に挑む侍ジャパンメンバーが20日に発表され、西武から浅村栄斗、外崎修汰、秋山翔吾の3選手が選出された。

 外崎は昨年秋に行われた『ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017』につづいての代表選出。稲葉ジャパン初陣となったその大会ではMVPに輝く活躍を見せ、チームを優勝へと導いた。

 「選んでいただき本当にうれしいです」と外崎。「トップチームの大会なので自分の持ち味をアピールしていきたいです。稲葉監督の起用に応えられるように色々な準備をして試合に臨み、全力プレーを心がけます」と意気込みを語る。


 また、西武打線を引っ張る浅村栄斗と秋山翔吾も代表入り。2013年・台湾遠征以来の代表復帰となった浅村は、「選出していただき素直にうれしいです。自分のできることをしっかりやればチームのためになると思います。すばらしい選手が選ばれているジャパンメンバーなのでそこでしっかりアピールしたいです」とコメント。

 昨春のWBCでも活躍を見せるなど、代表常連の秋山も「トップチームに選ばれるのはうれしいですし、本当に光栄に思います。自分の成績よりチームが勝つことに貢献したいと思います」と喜びを語った。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西