ニュース

ロッテ、広島に6安打完封負け 井口監督「ああいう投手を打たないと」

無断転載禁止
広島戦の6回、相手左腕・塹江の初球を避けるロッテの安田

先発の二木は、初回に捕まり5失点


 ロッテは21日、広島と練習試合(コザしんきんスタジアム)を行い、0-7で敗れた。

 ロッテは、先発の二木が初回だけで3四死球。走者を溜めたあと3本の適時打を許し、いきなり5点を失った。2回以降は本来の姿を取り戻し、2イニング連続で3者凡退。この日は3回を投げ、3安打3四死球5失点でマウンドを降りた。

 打線は相手先発・岡田の前に3回まで2安打。そのうち一本は、野手が目測を誤ったポテンヒットと、岡田の球威に屈する場面が目立った。井口監督は試合後「(岡田は)パ・リーグに多いタイプ。ああいう投手を打っていかないと」とコメント。4回以降も広島投手陣に封じられ、6安打完封負けを喫した。

 注目のドラフト1位・安田は、5回裏から三塁手として途中出場。最初の打席で、相手左腕・塹江の初球が頭部付近を通過したが、これを倒れこみながら避け、大事には至らず。ただ、その後の外角直球に手が出ず、最後は空振り三振に倒れた。9回は右腕・藤井皓の前に三邪飛。この試合は2打数無安打だった。

 井口監督は安田について「(最初の打席は)1球目が頭に来たから踏み込めなかった。これも経験」と話した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西