ニュース

ロッテの新人1、2番コンビが躍動! 藤岡裕1発含む3安打、菅野は2長打

無断転載禁止
中日との練習試合で右越えソロを放ったロッテの藤岡裕大

井口監督「継続してもらいたい」


 ロッテは22日、中日と練習試合(北谷公園野球場)を行い、7-6で勝利。1番に入ったドラフト2位の藤岡裕大内野手(トヨタ自動車)が、一発を含む3安打3得点。2番に入った同4位の菅野剛士外野手(日立製作所)は、2本の長打で2打点をマークした。

 藤岡は「1番・遊撃」で出場。初回、トヨタ自動車の先輩でもある相手先発・吉見の初球を中前へ運び、続く菅野の適時三塁打を呼び込んだ。3回の第2打席は山井と対戦。ここではフルカウントからのボールを力強く捉えると、打球は右中間席へ着弾した。

 7回の第4打席では、谷元から痛烈な打球を中前へ弾き返し、左中間寄りだった中堅手の動きを見逃さずトップスピードで二塁へ。打撃だけでなく非凡な走塁センスも見せ、この試合は5打数3安打、1打点3得点と躍動した。

 菅野は「2番・左翼」で先発出場。こちらは第1打席で右中間突破の適時三塁打を放ち、藤岡と二人で先制点を奪取。続く2打席は凡退したが、7回は谷元から左中間突破の適時三塁打を放ち、こちらは4打数2安打2打点の成績だった。

 井口監督は新人の1、2番起用について、「いろいろ試している段階だし、打席数を多く与えたい」と説明。藤岡については「シート打撃から好調だし、このまま継続してもらい」。菅野については「練習でやってきた走塁ができている」と、三塁打2本のベースランニングを称えた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西