ニュース

【侍ジャパン】先発マウンドを託された千賀「良い流れを作れるように」

無断転載禁止

国際経験のある右腕に白羽の矢


 侍ジャパンは2日、翌3日に行われるオーストラリア代表との強化試合を前に、試合会場となるナゴヤドームで前日練習を実施。選手たちはシートノックや投内連係、フリーバッティングなどで汗を流した。

 練習後、記者会見に千賀滉大と共に出席した稲葉監督は、明日の先発について「隣にいます千賀です。国際経験もありますし、トップチームの初戦として、しっかりと彼に投げてもらいと思い任せました」と明言。昨年のWBCでも活躍した千賀に白羽の矢を立てた。

 初陣の先発に指名された千賀は「大事な試合であることはわかっていますし、今後につながる大事な試合の一歩目だと思っているので、その一歩目を良い形で切れるように、僕がまず良い流れを作れるようなピッチングができれば」と意気込んだ。

 オーストラリアの打撃陣について、稲葉監督は「非常にパワーがある。率の高い打者、長打を打てる打者が多い」との印象を語ると、千賀は「パワーがあるということで、僕にできることと言えば、思いっきり腕を振ってストライクゾーンに投げること。まずはそこを一番に考えてやっていきたい」と続けた。

 また、「自身の出身地でもある愛知県での登板ということに関しては「思い入れのある場所ではあるが、このユニフォームを着たからには、そういった気持ちよりも、このユニフォームに恥じないピッチングができればということだけ」との考えを示し、「国際舞台というのはそんなに立てるものではない。貴重な経験ができると思って大事に投げたい」との思いを語った。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西