ニュース

【ロッテ】Mアプリダウンロード者数大幅増加!

無断転載禁止
『Sound Flash』機能を利用したイベントのイメージ図[提供=千葉ロッテマリーンズ]
 ロッテは18日、球団公式アプリ「Mアプリ」の新機能として『Sound Flash(サウンドフラッシュ)』機能が搭載されることを8日に発表をしたの受けてMアプリダウンロードが本日時点で5万242件となったことを発表した。

 昨年末時点で4万3716件だったが、3月だけで5000件を超えるダウンロードがあった。『Sound Flash(サウンドフラッシュ)』機能は千葉ロッテマリーンズの公式アプリ「Mアプリ」をインストールした方のスマートフォンに対して、スタジアムの既設音響設備から動作トリガー(可聴域もしくは外の透かし入り音)を送ることで、手元のスマートフォンの画面の光が音楽に合わせるようにカラフルに変化するもの。この技術による新たな演出として、ビジョンや音楽に合わせてアプリを起動した際のスマフォ画面の光がカラフルに変化する。

 『Sound Flash』機能を利用したイベントは2018年3月30日の楽天戦(ZOZOマリンスタジアム、18時30分試合開始)から毎試合ナイトゲームで実施予定で試合前の開幕イベントにてお披露目となる。演出は今年より新たに新設されたLED照明と連動し場内を暗転させ、音楽と参加された方のスマフォ画面の光の連動によって行う。『Sound Flash(サウンドフラッシュ)』をプロ野球チーム(万人規模施設)の公式アプリの常設システムとして採用するのは、日本初となる。

 担当者は球団を通じて「3月8日の公式発表後、急速にダウンロード者数が伸び、問い合わせも増えました。大きな反響を呼んでいることをとても嬉しく思っています。次はファンの皆様の期待に応えて、開幕の光のイベントを成功させるべくしっかりと準備をしていきたいと考えています。19日と26日の夜に球場でリハーサルを行います」とコメントした。

 ※「Mアプリ」を起動しないと『Sound Flash』機能を利用できない。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西