ニュース

谷繁氏、巨人・ゲレーロは「打たなくてもいいボールを振っている」

 4日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 中日-巨人戦』で解説した谷繁元信氏が、巨人・ゲレーロの打撃について言及した。

 試合前まで4試合連続安打を放っていたゲレーロだが、高めのストレートに手を出すシーンが目についた。谷繁氏は「まだ打たなくていいボールを振っているんですよね。もともとインコースの高目に弱点があって、アウトロー、インハイが基本的な攻めなんですよね。そこを無理して打っている。自分の好きなボールが来る前に結果がついてしまう」と分析。

 「キレが落ちたり、少しスピードがない投手に対しては、高めをさばくことはあるんですけど、どうしても(ストレートのスピードが)140キロを超えたり、キレのあるボールはファウル、ポップフライ、コースがよくなると詰まったりしていますね」と続けた。

 この日は4打数0安打2三振に倒れたゲレーロ。自身の状態を取り戻すためにも高めのボール球の見極めが重要になってくる。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM