ニュース

谷繁氏、巨人・小林のリードを指摘 その内容とは?

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める谷繁元信氏
 12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた谷繁元信氏が、巨人・小林誠司の配球について言及した。

 谷繁氏は小林のリードについて「どのアウトカウント、どのイニングでも同じような感じがするんですよ。(リードに)強弱がないというかね…」と指摘。

 「僕だったらランナーがいなければ、簡単に打ち取ろう。ピンチになった時に必要な攻めをとっておくとか。色んなことを考えながら、ランナーがいないときは攻めるんですよ」と捕手としての考え方を説明した。

 さらに谷繁氏は「ジャイアンツが大量に勝っていて、わざと打たせるという手もあるんですよ」と例を挙げ、「今は相手もチャートで、どのように攻めてきたかわかるんですよ。色んな配球を使いながら、キャッチャーの小林が今後1年間、ベイスターズに対してどう攻めていくかですよね。そことの駆け引きです」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM