ニュース

広島・中村祐が投打に活躍!真中氏「見事なバッティング」

無断転載禁止
3回広島無死一、三塁、中村祐が中前に先制打を放つ=マツダ(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.04.18 18:00
広島東洋カープ 3 終了 2 東京ヤクルトスワローズ
マツダスタジアム
○ 広島 3 - 2 ヤクルト ●
<5回戦・マツダ>

 今季初登板となった広島の中村祐太が、投打にわたる活躍で初勝利を挙げた。

 二軍戦で2試合に登板して防御率0.82と抜群の安定感を見せた中村祐は、初回からキレの良いストレートを武器にヤクルト打線を5回二死までノーヒットピッチング。5回二死から広岡大志に一発を浴びたが、7回を投げて2安打6奪三振3四死球1失点に抑えた。

 中村祐は打っても3回無死一、三塁からセンター前に適時打を放った。この適時打に同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-ヤクルト戦』で解説を務めた真中満氏は「ちょっと高めのストレートですけど、本当にいい当たりですよね。完全に芯で捉えましたね。見事なバッティングでしたね」と絶賛。

 7回1失点に抑えた中村祐のピッチングについても真中氏は「落ち着いて冷静に投げていましたよね。薮田が調子悪い中、中村という若いピッチャーが出てきたことはカープにとって、本当に大きいですよね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM