ニュース

西武・辻監督、9回・浅村の右安を評価「いい繋ぎだった」

無断転載禁止
西武の浅村栄斗
2017.04.18 18:00
埼玉西武ライオンズ 0 終了 2 東北楽天ゴールデンイーグルス
県営大宮
○ 西武 9x - 8 日本ハム ●
<5回戦・メットライフ>

 8点ビハインドを跳ね除けサヨナラ勝ちした西武・辻発彦監督は、9回の浅村の打撃を評価した。

 0-8から8回に7点を返し、7-8で迎えた9回裏の西武の攻撃。先頭の源田壮亮が安打で出塁し、浅村栄斗に打席が回ってくる。この日安打がなかった浅村は、初球にセーフティーバントの構えを見せる。辻監督は「あれは自分で。去年も1度だけやっているからね。あれも自分でやった」と浅村自身の考えでセーフティバントの構えを見せたことを明かした。

 浅村は6球目のストレートをライト前に運び、無死一、三塁とチャンスを広げた。辻監督は「いい繋ぎだったね」と話し、「あれで一、二塁だと(次打者に)プレッシャーがかかるから、あそこで(一塁走者の)源田が3塁までいけたのが良かった。一、三塁となれば同点まではいける、となるからね」と一塁走者の源田の走塁も評価した。

 無死一、三塁とし続く山川穂高が四球、最後は森友哉が2点適時二塁打を放ち、8点ビハインドを跳ね除け大逆転勝ちした。

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM