ニュース

首位・西武に8点差は関係なし!辻監督「本当に大きな1勝」

無断転載禁止
19日の日本ハム戦9回、サヨナラ打を放ち、ナインとタッチを交わす西武・森(中央)=メットライフドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.04.18 18:00
埼玉西武ライオンズ 9 終了 8 北海道日本ハムファイターズ
メットライフ
○ 西武 9x - 8 日本ハム ●
<5回戦・メットライフ>

 西武が8点ビハインドを跳ね除け大逆転勝利を収めた。

 8回表が終了した時点で0-8。辻発彦監督は「高梨に非常に良いピッチングをされてなかなか点が取れなかった。しんどいなと思いました」と話したが、日本ハムの先発・高梨裕稔が降板した後、獅子たちが目を覚ました。

 8回裏、金子侑司、秋山翔吾の連打、浅村栄斗が四球を選び満塁とすると、4番・山川穂高、5番・森友哉の押し出し四球で2点を返す。なお、満塁の好機は続き6番・外崎修汰がレフトへ2点適時二塁打で4点差。勢いのとまらない西武打線は、7番・栗山巧にも2点適時打が飛び出した。この日3三振だった8番・中村剛也が左安で繋ぐと、金子侑の内野ゴロの間に三塁走者の栗山巧が還り1点差に迫った。

 7-8で迎えた9回は源田、浅村の連打、山川の四球で無死満塁とし、ここで打席には森。「外野が前進していたので、打ち上げようと思って打席に立ちました」と宣言通り、ライトの頭を越す二塁打で2人が生還しサヨナラ勝ちを決めた。

 西武・辻監督は「本当に大きな1勝だと思います。こういう試合ができるというのは、彼らたちにとって自信というか、最後まで諦めず戦う姿勢を強く持てるのではないかと思います。明後日(20日)からも、1試合1試合最後まで諦めず勝利目指して頑張ります」と興奮気味に話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM