ニュース

【月間MVP】パは“好調”西武が席巻?!3・4月度の候補者が発表

無断転載禁止
19日の日本ハム戦9回、サヨナラ打を放ち、ナインとタッチを交わす西武・森(中央)=メットライフドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
 セ・パ両リーグは23日、3・4月に最も活躍した投手と打者に贈られる「日本生命月間MVP賞」の候補選手を発表した。

 投手部門では石川歩(ロッテ)が防御率部門でトップに立ち、3勝0敗(1完投)と結果を残している。しかし、多和田真三郎も防御率1点台で4戦4勝(1完投)と好成績を収めており、次回登板の結果次第で明暗が分かれることになるかもしれない。

 一方、打撃部門は好調西武の打撃陣が席巻。現状では山川穂高(西武)が本塁打と打点の二冠。打率では森友哉(西武)が近藤健介(日本ハム)に次ぐ2位につけており、盗塁では外崎修汰(西武)がトップに立つ。

 西武は、山川の得点圏打率が「.526」、森が「.500」、外崎が「.455」、源田が「.409」と好機で結果を残している点も好印象か。また、候補選手に入っていない浅村栄斗も打率.300、5本塁打、14打点と調子を上げてきており、残り1週間の結果次第では十分候補に入ってきそうだ。

 受賞選手の発表は5月9日(火)に行われる予定。今後の活躍次第で候補選手以外の選手が受賞する可能性もある。パ・リーグの候補選手は以下のとおり。


パ投手部門候補(4/22時点)


▼石川 歩(ロッテ)
・防御率1.59
・3試合(22回2/3)
・3勝0敗(完投1)
・14奪三振

▼マルティネス(日本ハム)
・防御率1.74
・4試合(31回)
・2勝2敗(完投2)
・18奪三振

▼石川柊太(ソフトバンク)
・防御率1.77
・6試合(20回1/3)
・2勝1敗
・14奪三振

▼多和田真三郎(西武)
・防御率1.93
・4試合(28回)
・4勝0敗(完投1)
・18奪三振

▼岸 孝之(楽天)
・防御率2.05
・3試合(22回)
・1勝1敗(完投1)
・17奪三振

▼中田賢一(ソフトバンク)
・防御率2.33
・4試合(27回)
・2勝0敗
・17奪三振

▼菊池雄星(西武)
・防御率4.03
・4試合(29回)
・4勝0敗
・28奪三振


パ打者部門(4/22時点)


▼近藤健介(日本ハム)
・19試合66打数25安打
・打率.379
・0本塁打
・9打点
・2盗塁

▼森 友哉(西武)
・18試合64打数24安打
・打率.375
・1本塁打
・10打点
・3盗塁

▼柳田悠岐(ソフトバンク)
・18試合66打数22安打
・打率.333
・4本塁打
・16打点
・6盗塁

▼山川穂高(西武)
・18試合66打数22安打
・打率.333
・7本塁打
・21打点
・0盗塁

▼秋山翔吾(西武)
・19試合76打数25安打
・打率.329
・2本塁打
・11打点
・3盗塁

▼外崎修汰(西武)
・19試合72打数23安打
・打率.319
・2本塁打
・14打点
・7盗塁

▼源田壮亮(西武)
・19試合81打数25安打
・打率.309
・0本塁打
・17打点
・2盗塁

▼中村奨吾(ロッテ)
・19試合75打数23安打
・打率.307
・2本塁打
・11打点
・7盗塁
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西