ニュース

広島・中村祐、完投目前で降板…野村弘樹氏「この経験を忘れちゃいけない」

無断転載禁止
DeNA戦に先発した広島・中村祐=横浜(C)KYODO NEWS IMAGES
 広島の中村祐太が24日のDeNA戦で今季2勝目を挙げたが、完投勝利まであとアウト2つで降板となった。

 序盤から打線の援護を受けた中村祐は、DeNA打線を5回までノーヒットに抑えるピッチング。6回に3連打で無死満塁とされロペスの併殺打の間に1点を失ったが、8回まで4安打1失点に抑える。

 7-1で迎えた9回もマウンドにあがり、先頭の宮崎敏郎を遊ゴロに打ち取り1アウト。完投勝利が目前に迫っていたが、ここから2つのアウトが取れなかった。続く戸柱恭孝にライト前に運ばれると、梶谷隆幸、中川大志に連続四球を与えて降板となった。

 最後まで1人で投げ抜けなかった中村祐太は、ベンチで悔しさをにじませた。『ニッポン放送制作のDeNA-広島戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「悔し涙とまではいかないですけど、笑顔なにひとつない。このまま勝ち投手でしょうけど、もしかすると、今までの勝ちの中で嬉しくない勝ちかもしれないですね」と投手目線で中村祐の感情を解説。「この経験を忘れちゃいけない。この内容だと代えられて当然ですから」と続けた。

 試合は倉本寿彦の内野ゴロの間に1点を失ったが、守護神・中崎翔太がリードを守り切り7-2で勝利。中村祐は8回1/3を投げて5安打、5奪三振、6四死球、2失点で今季2勝目を挙げた。

 野村氏は試合後、「先頭を打ち取った時点であとアウト2つと思えば、本人も完投だという気持ちがあったでしょうね。次のステップという意味では大きな反省ができましたね。次の登板が凄く楽しみです」と次回登板に期待を寄せた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM