ニュース 2018.04.25. 10:00

宮本和知氏が「忍者」と評した選手は?

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務め来季から巨人のコーチに就任した宮本和知氏

 24日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた宮本和知氏が、巨人・吉川尚輝の走塁に「忍者みたいですね。走っているスパイクの音をさせないでしょうね」と評した。

 開幕から二塁で先発出場を続ける吉川尚は、7回の第4打席ライト前にヒットを放ち出塁。吉川尚は、続くゲレーロの2球目に捕手・大野奨太が弾いたのを見ると、すかさず二塁へ進塁した。

 この走塁に宮本氏は「今のは速かったね」と感嘆。「ワンバウンドした瞬間にいけるんだという気持ち。吉川尚輝というのは見ていて美しいよね。腰の位置が変わらないんですよね。アメンボのようにシュっといくような感じですね」と絶賛した。

 吉川尚は打率こそ.259だが、広い守備範囲とスピード感あふれる走塁でチームの勝利に貢献している。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM