ニュース

日本ハム、今季2度目の4連勝! 栗山監督の誕生日を勝利で飾る

無断転載禁止
5回に日本ハム・近藤が右中間に適時二塁打を放つ=札幌ドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.04.26 18:00
北海道日本ハムファイターズ 3 終了 2 オリックス・バファローズ
札幌ドーム
○ 日本ハム 3 - 2 オリックス ●
<5回戦・札幌ドーム>

 日本ハムが同一カード3連勝を決め、今季2度目の4連勝。栗山英樹監督57歳の誕生日を白星で飾った。

 日本ハムは1点を追う4回、7番石井一が中前適時打を放ち同点。続く5回は1番西川、2番大田の連打で一死一、二塁の好機を作ると、3番近藤が右中間フェンス直撃の適時二塁打を放ち、2-1と勝ち越した。さらに、4番中田も左前適時打で続き3点目。主砲は「コンちゃん(近藤)が打って、つないでくれたので何とかしたかった。勢いに乗せられた」と感謝した。

 近藤は初回の第1打席で二塁打、7回の第4打席でも右前打を放ち、この試合も4打数3安打1打点と大当り。打率を再び4割台(.403)に乗せた。

 先発のマルティネスは、この日も安定した投球。オリックスの3番吉田尚に先制適時打、豪快な4号ソロを浴びたが、8回途中7安打2失点と好投し、開幕から5戦連続でクオリティ・スタート(6回以上、自責点3以内)を達成。2番手以降は、宮西、石川直、トンキンと小刻みにつなぎ、マルティネスは3勝目(2敗)、トンキンは4セーブ目(1勝0敗)を手にした。

 一方のオリックスは、先発・ディクソンが粘れず5回途中8安打3失点で3敗目。打線は好機を活かしきれず、今季2度目の同一カード3連敗を喫した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西