ニュース

オリックス”近鉄ユニ”で連敗ストップ 西が2勝目、1番・宗が攻守で躍動

無断転載禁止
1回一死三塁、オリックスのロメロが左中間に先制二塁打を放つ=京セラドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.04.28 18:00
オリックス・バファローズ 3 終了 1 福岡ソフトバンクホークス
京セラD大阪
○ オリックス 3 - 1 ソフトバンク ●
<4回戦・京セラD大阪>

 オリックスが接戦を制し、連敗を「3」でストップ。先発の西が、7回4安打1失点で2勝目(3敗)。攻撃面では1番宗のチャンスメイクが光った。

「KANSAI CLASSIC 2018」と銘打ち、オリックスは近鉄、ソフトバンクは南海時代のユニフォームを着用し試合に臨んだ。オリックス初回、先頭の宗が二塁打で出塁。2番吉田尚の右飛で一死三塁としたあと、3番ロメロが左中間への適時二塁打を放ち先制した。

 1-1の5回には、7番大城が勝ち越しとなる1号ソロを放ち、「打った瞬間ですね。なんとか西さんを援護したいと思っていたので、勝ち越すことができてよかったです」とコメント。6回は再び先頭の宗が三塁打で出塁し、一死後、ロメロの中犠飛で貴重な3点目を加えた。

 西は2回、8番上林に適時三塁打を浴びたが、3回以降は3イニング連続の3者凡退。6回は二塁・大城の失策で一死一、二塁のピンチを背負ったが、4番内川を注文通りの併殺に仕留め、バックのミスを帳消しにした。

 西は7回4安打1失点の内容で降板。8回は期待の2年目右腕・山本が登板し、中堅・宗の好捕もあり3者凡退に抑えた。9回は守護神の増井が締め、開幕から5戦連続クオリティースタートと好投を続ける西は、3連敗後の2連勝。増井は今季4セーブ目を記録し、チームとしても今季初めてカード頭を制することに成功した。

 一方のソフトバンクは打線が沈黙し、5安打で1得点。先発の東浜は8回3失点と力投したが、打線の援護なく今季3敗目(1勝)を喫した。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西