ニュース

【ロッテ】謎の魚が台湾を満喫!始球式ではサイドから140キロのシンカー!?

無断転載禁止
謎の魚(第3形態)がサイドスローで始球式 [画像=ラミゴモンキーズ]
 ロッテの人気キャラクター“謎の魚”が12日、台湾・桃園での中華職棒大聯盟・Lamigoモンキーズ対富邦ガーディアンズ(桃園国際棒球場)戦で始球式を行った。

 謎の魚は「サイドスローで投げました。球種はシンカーです。おそらく140キロは出てたと思います。グフフフ」とコメント。ホームベースの手前でワンバウンドしたボールが「シンカー」だったことを明かしつつ、「台湾、最高でした。皆さんから『カワイイ』と言われました。ポッ」と続け、台湾での数日間を満喫した模様。自身のツイッターアカウント上には、Lamigoモンキーズのラミガールズとの写真や動画が多数アップされており、その様子がうかがえる。

 また、「夜市も満喫しました。タピオカミルクティーも美味しかったです。ちょっと予定より長居してしまったので急いで戻ります。泳ぐのはもう疲れたので下道は使わずに、だいぶお金はかかりますがハイパースペースを使って帰ろうと思います。うまくいけば来週には千葉県千葉市に着くと思います。あくまで、うまくいけばの話ですが・・・。グフフフ」ともコメント。

 来週は5月22日(火)よりZOZOマリンスタジアムで日本ハムとの3連戦が予定されており、うまくいけば!?同カード中に“謎の魚”が今季初登場を果たすかもしれない。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西