ニュース

オリックス・吉田正尚、サイクルならずも4安打・4打点の大暴れ

無断転載禁止
オリックス・吉田正尚(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.05.22 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 0 終了 10 オリックス・バファローズ
楽天生命パーク

サイクル王手の第5打席で…


 オリックスの吉田正尚選手は22日、敵地で行われた楽天戦に「3番・指名打者」で先発出場。第6号の本塁打を含む4安打・4打点の大暴れを見せた。

 0-0で迎えた3回表の第2打席。追い込まれながらも楽天先発・池田隆英が投じた内角の変化球に対応すると、打球はそのままライトスタンドに突き刺さる第6号のソロ。先制点を叩き出す。

 すると第3打席でも二死満塁から2人を還すセンターへの適時打を放ち、第4打席ではレフトへ二塁打。6回まででサイクル安打に王手をかける。

 そして8回、この日5度目の打席が回ってくる。無死一塁、2ボール・2ストライクの並行カウントから4番手・宋家豪が投じた高めのボールを弾き返すと、打球はグングン伸びてセンターの頭上を超える安打。ワンバウンドした打球がフェンスに当たって跳ね返り、掴んだセンターからカットに入った内野手へボールが戻るも、吉田は迷わず二塁を蹴って三塁へ。

 快挙達成か――と思われたが、カットマンは本塁を狙った一塁走者を刺すべく本塁に送球。吉田の進塁はその「送球間」のものと記録され、本塁打・安打・二塁打・二塁打でサイクル安打達成はならず。そのまま代走と交代で試合から退いた。

 それでも、これが適時二塁打となってこの日は4安打・4打点の大活躍。これで8試合連続安打と、期待の和製大砲の状態が上がってきた。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西