ニュース

谷繁氏が指摘した広島・岡田の課題点とは…

無断転載禁止
広島の岡田明丈
 23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-広島戦』で解説を務めた谷繁元信氏が、同日の巨人戦に先発した広島・岡田明丈の課題点について語った。

 谷繁氏は岡田について「緩い球ボールを投げる時に少し(腕が)緩むんですよ」と話し、4回ゲレーロをスライダーで空振り三振に仕留めた場面に「カウント球のスライダーと、空振りを取りに行く時のスライダーの腕の振りが違うんですよ」と指摘。

 また、3回二死二塁から坂本勇人に対した投球についても「初球に遅いボール(カーブ)を投げて、(2球目に)外の真っ直ぐを投げようとしました。(緩い球の)次に力を入れたボールを投げるときに、力む傾向があるのでコントロールがつきにくいというのがあるんですよ」と解説した。

 それでも、谷繁氏は「ランナーがスコアリングにいるときに、力を入れて投げればいいと思います。(走者が)いないときに多少は、力を抜いて投げながらも強弱をつけてスタミナを温存しながらやっていく。そこが上手くハマっていけば、岡田はもっといい投球をすると思います」と期待を寄せた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM