ニュース

江本氏、DeNAの8番・投手に「意地を張らないで…」

無断転載禁止
ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める江本孟紀氏
 24日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-中日』で解説を務めた江本孟紀が、DeNAが採用している8番・投手の打順について言及した。

 セ・リーグの5球団は基本的に投手を9番に置いているが、DeNAは昨季から投手を8番に起用している。この日も8番に先発・東克樹、9番に遊撃・大和を置いた。

 DeNAは1点を追う2回に一死満塁の好機を作ると、打席には8番・東。しかし東は三邪飛に倒れ、大和も三ゴロに打ち取られた。この攻撃に江本氏は「8番にピッチャーを入れているのがポイントでしたね。野手だったら、(相手)ピッチャーもプレッシャーがあるだろうし」とコメント。

 さらに1点リードとなった4回無死一塁で東が犠打を試みるも、最悪の併殺。江本氏は「この辺ですよね。攻撃野球をするのであれば、8番に打者がいたら、エンドランやったり盗塁やったり色んなことができるんですよ」と話し、「いつも言うんですけど、意地を張らないで早く辞めた方がいいですよ」と投手を9番に配置するべきだと指摘した。

 DeNAは結果的に3-2で勝利したが、下位から上位に繋げることができなかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る
  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM