ニュース

巨人、サヨナラ負けで4位転落 田口5回10安打4失点、沢村が黒星

無断転載禁止
巨人の田口麗斗=甲子園(C)KYODO NEWS IMAGES
2018.05.26 14:00
阪神タイガース 5 終了 4 読売ジャイアンツ
甲子園
○ 阪神 5x - 4 巨人 ●
<11回戦・甲子園>

 サヨナラ勝ちの阪神は、4連勝で3位浮上。巨人は2点を先制するも先発・田口が踏ん張れず、3連敗で4位に後退した。

 巨人は初回、5番亀井の右前適時打で先制。2回は一死から8番大城が2号ソロを右翼席へ運び、2-0とリードを広げた。さらに、9番田口、1番坂本の連打で一死二、三塁としたが、続く2番吉川尚は空振り三振、3番岡本は二飛に倒れた。

 するとその裏、先発・田口が下位打線に3連打を浴び、2-2の同点とされた。さらに、3回と4回にもそれぞれ1失点。左腕は最後まで復調の兆しを見せられず、5回98球、10安打3奪三振4失点(自責2)の内容で降板した。

 巨人は2点を追う8回、6番長野が4号2ランを放ち、田口の黒星は消えた。同点の9回も先頭の大城が出塁したが、続く代打・陽が送りバント失敗。さらに、一塁の残った陽はけん制死となり、勝ち越しのチャンスをつぶした。

 悪い流れのまま9回裏を迎えると、2イニング目となった沢村が、二死一、二塁から5番中谷にサヨナラ打を浴びた。右腕は今季2敗目(1勝)。巨人は逆転負けで3連敗となり、勝率5割へ逆戻りとなった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西